エアロバイクダイエットの効果を出す3条件を公開!中年男性向けにリバウンド対策も提案!

エアロバイク エアロバイク

エアロバイクダイエットの効果が出ない人はココに注目!

エアロバイクダイエットで必ず効果を出す3つの条件

結論からいって、以下3つの条件にしたがってエアロバイクを使っていれば必ずダイエット効果は現れます。

  1. 負荷の設定を間違えない
  2. 一日30分、週3回を目安に継続する
  3. 消費カロリーを上回るような食生活をしない
(注)例外があるとすれば内科的な持病などで代謝機能が低下しているケースです。

しかし、実際には多くの人がダイエットに失敗して悩んでいます。

それはなぜか?

上記3つの条件にそって確認していきましょう。

負荷の設定を間違えないためにここに注目!

エアロバイクでダイエットするには有酸素運動の特徴を最大限に利用する必要があります。

そこで絶対に欠かせないのは、

負荷の設定を間違えないこと

設定に関してはここに尽きるといっても過言ではありません。

なぜなら、負荷の設定を間違えると脂肪燃焼に最適な心拍数をキープすることができないからです。

有酸素運動において心拍数は必要不可欠な要素で、心拍数次第でやっている運動が有酸素運動でなくなることもあります。

出典:高精度計算サイト – Keisan – CASIO

出典:健康長寿ネット

では心拍数による違いとは何か?

まず、脂肪燃焼に最適な心拍数の範囲は最大心拍数の60%〜70%。

一方で、心拍数が最大心拍数の80%以上になると有酸素運動ではなく無酸素運動になる。

(注)無酸素運動で運動中に脂肪燃焼が起きることはない!

さらに、最大心拍数の60%を下回ると脂肪燃焼の効率が低下していく。

ですから、心拍数は超重要です!

よって、負荷の設定は目標とする心拍数をキープするために行います。

◯目標心拍数は以下の公式を利用して求めることができます。

{最大心拍数-安静時心拍数}×運動強度(%)+安静時心拍数 =目標心拍数

最大心拍数は(220-年齢)で算出、安静時心拍数は脈拍/分で代用可能です。

エアロバイクダイエットに必要な頻度

エアロバイクの運動効果はいつから現れるのか?

結論としては、

一日あたり30分、週3回、3ヵ月以上の継続が目安になります。

まず一日にエアロバイクで運動する時間ですがこれは連続30分でも合計30分でもどちらでもOK。※両者に有意な差はない。

また、エアロバイクを20分以上こがないと脂肪の燃焼が起こらないわけでもありません。

極端な例ですが5分でも脂肪の燃焼は起こっています。

しかし、開始から20分ほどは血中の脂肪が優先的に燃焼されます。

つまり、皮下脂肪や内臓脂肪の燃焼がメインになるには20分ほどかかります。

次に週3回以上、例えば5回とか6回とかはダメなのか?

答えはやり過ぎです。

最後に継続する期間ですが、

3つの条件を守って行えば1〜2週間で体重の減少をわずかに実感できる人もいます。

1ヵ月継続すればほとんどの人が体重の減少を実感できます。

そして、3ヵ月継続すれば代謝機能が向上して運動不足の状態から完全に脱却できます。

よって、少なくとも3ヵ月を基準に効果の有無を判断しましょう。

消費カロリー>摂取カロリーの関係をキープしているか?

負荷の設定にも運動の頻度にも問題ないのにダイエット効果が現れない理由とは?

特に持病がなければ当てははまるのは以下、

摂取カロリーが消費カロリーを上回っている

要は食べ過ぎです。

無理な食事制限などしていないかを見直してみましょう。

エアロバイクダイエットの効果を最大限に出すために

リカンベントかアップライトか

エアロバイクと背もたれ

背もたれ付きのエアロバイクはリカンベントバイクと呼ばれ、高齢者や基礎疾患を持つ人、腰部の手術後のリハビリなどを目的とする人向けとされています。

では初心者は?

体力がないからリカンベント?

ここは注意してください。

リカンベントバイクを選択する判断基準は使用者が初心者かどうかではありません。

アップライトバイクで上半身の姿勢をキープする筋力があるか否かで判断するべきです。

でも、そんな筋力があるのかないのかどうやって知ればいいの?

その疑問も心配ありません。

自転車に乗れる人ならアップライトでも十分に上半身の姿勢をキープできます。

腰が痛くて5分以上座っていられないなどの事情がない限りは最低限の筋力はあると考えて問題ありません。

ですから、初心者だからといって安易にリカンベントバイクを選ぶことはないのです。

それに、最低限の筋力があるのに安易にリカンベントバイクを使っていると姿勢をキープする緊張感がなくなって体幹の筋力が弱くなる可能性があります。

するとお腹を引き込む力も弱くなって体重は減ったけどお腹はなぜかポッコリなんてことも…😱

ですから、各自のフィジカルに合わせて選んでください。

おすすめのリカンベントバイク


ダイヤコの家庭用リカンベントバイク

SR145S-40

おすすめする最大の理由は、

マグネット負荷方式ではなく電動式であること。

家庭用エアロバイク負荷方式には以下2つが採用されていることがほとんどです。

  • マグネット負荷方式
  • 電磁負荷方式、電動マグネット式

この内、マグネット負荷方式とは永久磁石の引力でフライホイールの動きをコントロールして負荷を起こしていますが、最大のデメリットは負荷のかかり方にバラツキが生じることです。

つまり、急に負荷が重くなったりすることもあるので高齢者や基礎疾患のある人、腰部の手術を受けた人などにはおすすめしません。

急激な負荷は心臓、血管系の働きにも影響するからです。

一方、電磁負荷方式や電動マグネット式も同じく磁力で負荷を生み出していますが永久磁石ではなく電磁石です。

こちらの方がどの角度でペダルをこいでも負荷のバラツキがなく負荷が均一になります。

つまり、心臓にかかる負担を最小限に抑えるという点からはマグネット負荷方式よりも電磁負荷方式の方が優れています。

(注)スポーツジムにある業務用エアロバイクは電磁負荷方式もしくは電動式です。

おすすめのアップライトバイク


アルインコの

アドバンストバイク7218

おすすめする最大の理由は、

やはり電磁負荷方式であること。

しかし、リカンベントとはそのメリットは別にあります。

それは連続で使用できる時間が60分であることです。

マグネット負荷方式の場合、連続使用時間は30分が一般的で、使用後は内部に熱が発生するので冷却のため60分ほど使用を控える必要があります。

ところが、電磁負荷方式なら連続使用時間60分が一般的なのでそれらの心配はありません。

筋トレとの組み合わせでエアロバイクを利用しよう

冒頭の3つの条件をクリアできれば次に考えるべきことは

有酸素運動だけに固執しない

要は、エアロバイクだけのダイエット法はベストではないということです。

そこで、以下のような組み合わせが出てきます。

筋トレ+有酸素運動

実はこの組み合わせがダイエットには最も効果的です。

両者を組み合わせることで成長ホルモンの分泌が促されてどちらかを単独で行うよりも脂肪燃焼の効果が大きくなるから。

そして、重要なことがもう一つ。

それは有酸素運動の量が多すぎると筋肉の成長が妨害される可能性です。

簡単にいうと有酸素運動の主要なエネルギー源は糖質と脂質ですが、糖質と脂質が枯渇してもなお有酸素運動を続けているとタンパク質が主要なエネルギー源になります。

つまり、せっかく筋トレしたのに筋肉の成長が妨害されてしまいます。

筋肉の成長がなければ代謝機能が低下するのでダイエットにはマイナス。

特に以下に当てはまるような場合は注意しましょう。

  • 60分以上の有酸素運動
  • 週5回以上の有酸素運動

ダイエット後にリバウンドしないためにやるべきこと

リバウンドを回避するにはライフスタイルを変えよう

ダイエットに励んでいる間は同時に糖質と脂質の摂取量を制限する方が体重は効果的に減っていきます。

1カ月に減らす体重が最大でも2kg程度など、極端な制限でない限りは短期間の糖質や脂質の制限も否定しません。

しかし、問題は食事制限の期間中よりも終了後です。

より具体的にいえば食事制限というのは軽い飢餓状態にすることで体重を減らしています。

ですから、食事制限を終了したらその日を境に短期間で体重が減ることはありません。

ということは、良くて横ばいか微増、最悪の場合はリバウンドにより短期間で激増です。

食事制限終了後も減らした体重をできるだけキープしていくなら、基礎代謝を下げない、食習慣の改善、適度な有酸素運動を継続するしかありません。

つまり、

筋トレによる基礎代謝のアップ
同時に間食や夜間のカロリー摂取を控えるような食習慣に変えていく
筋肉量を低下させない程度に有酸素運動を利用する

上記3点で帳尻を合わせながら減らした体重をキープしていくことになります。

これがライフスタイルの変化です。

筋トレの内容をマンネリ化させない

前述の提言とリンクしますが、基礎代謝を下げないようにするには筋トレの運動強度を徐々に上げていく必要があります。

なぜなら、基礎代謝アップと筋肉量の増加は連動しているからです。

筋肉量の増加とはつまり運動の内容をハードにしていくという意味です。(注)もちろん無理ない範囲で!

具体的にいうと、例えばウエイトトレーニングで扱うバーベルなどの重さを変えずに同じ内容の筋トレを継続していくだけでは基礎代謝は現状よりもアップしていかないということです。

具体例を挙げると、最初の1カ月でがんばって60kgのバーベルを担いでスクワットを10回できるようになったとします。

1カ月で間違いなく基礎代謝はアップしているでしょう。

しかし、1カ月経過後も同じことをしていればどうなるか?

答えは筋肉量の変化は期待できないです。

つまり、基礎代謝がそれ以上アップすることも期待できません。

それどころか有酸素運動の影響で筋肉量が低下して基礎代謝がダウンする可能性すらあります。

ですから、スクワットの例でいうなら同じ負荷をずっと続けるのではなく2週間毎に3kg前後のアップでもいいので限界値に挑戦していくべきなのです。

以上は筋トレで基礎代謝を上げる原則論になります。

エアロバイク以外の有酸素運動も取り入れる

エアロバイク以外の有酸素運動とは何か?

クロストレーナーランニングマシン(ルームランナー)などが考えられます。

有酸素運動マシン

エアロバイクの運動強度は有酸素運動マシンの中で最も低いのはいうまでもありませんが、その要因の一つが運動中の姿勢です。

エアロバイクは座りながら運動する一方で、

クロストレーナーランニングマシンは立った状態なので足首や膝、股関節に荷重します。

筋肉というのは単に関節を支えるだけではなく感覚器というセンサーがあり、荷重が大きくなるほどその反応も鋭くなって、それに合わせて発揮する筋力も大きくなっていきます。

つまり、座りながらの運動よりも立った状態の運動の方が筋肉量は増えやすく基礎代謝もアップしやすいのです。

まとめ

エアロバイクダイエットで効果を出すには以下の3つの条件を守ってください。

  1. 負荷の設定を間違えない
  2. 週3回以上の頻度で継続し、カロリー消費をする
  3. 消費したカロリーを上回るような食生活をしない

きちんと実行できれば、特別な制限がない限りは必ず効果が現れます。

さらに、大きな効果を出すには運動の仕方にもこだわりましょう。

筋トレ+有酸素運動の組み合わせが最適です。

そして、有酸素運動でエアロバイクを使用するならアップライト型かスピンバイク型がおすすめです。

なぜなら、リカンベント型に比べて姿勢をキープするのでウエストの引き締めにも効果的だからです。

食事制限も同時に行う人は終了後のリバウンドにはくれぐれも気をつけましょう。

食事制限で体重を減らすというのは一定期間飢餓状態にしているだけです。

できる限り極端な食事制限ではなく運動に比重を置くことをおすすめします。

その方がリバウンドのリスクも少なく長期的に体重の管理がしやすくなります。

吉祥寺のパーソナルトレーニングジム

導[MICHIBIKI]ストレッチ&エクササイズ

アンチエイジングできるパーソナルトレーニングジムなら三鷹市のMICHIBIKI
パーソナルトレーニングジム。【吉祥寺駅からもアクセス可】三鷹市・井の頭公園駅目の前のMICHIBIKIが運営。器具を使わないトレーニングやストレッチで歩き方、姿勢改善!疲れ知らずの身体へアンチエイジング!吉祥寺からも徒歩15分でアクセス便利。

筆者の紹介

名前:SHINトレーナー

トレーニング指導歴15

主な経歴

  • MLBテキサスレンジャーズのインターンシップを経験
  • 総合格闘技UFCの選手に帯同し、アメリカ遠征を経験
  • 拓殖大学硬式野球部コンディショニングコーチ経験
  • 帝京高校硬式野球部コンディショニングコーチ経験
  • 富士重工硬式野球部コンディショニングコーチ経験

Twitterその1(自体重にこだわりフィットネス!)

@8Fourth

※フィットネス情報を毎日発信しています!

Twitterその2(50才までに始めたいインナーマッスル中心トレ!)

@innermichibiki

※インナーマッスル中心に美容に役立つ情報を毎日発信!

Twitterその3(スクワットおたくのチャンネル

@SquatOtakuCh

※ヒップアップから筋肥大まで幅広い情報を毎日発信!

タイトルとURLをコピーしました