トレッドミルの傾斜を利用してヒップアップ効果を出すにはプラスαに注目しよう!女性におすすめ!

トレッドミル、ランニングマシン ランニング

スポンサーリンク




トレッドミルに傾斜をつけるか否かでヒップアップ効果が変わる

トレッドミルに傾斜をつけずにランニングしていてもヒップアップしにくい

トレッドミルでランニング

ランニングでヒップアップしたい人は多いでしょうが季節や悪天候などによっては屋外でのランニングは思うようにできません。

そこで活用したいのがトレッドミルです。※ランニングマシンやルームランナーと呼ぶこともあります。

スポーツジムに行ったことがない人でも上記のイラストのようにタタミ一畳くらいの台の上をランニングしている風景をTVなどで見たことはあるはずです。

しかし、積極的に傾斜をつけて利用している人は少なく思えます。

もし、トレッドミルの傾斜を変化させられることを知らずに利用しているとしたら、非常にもったいないんですよ。🙅‍♂️

あなたがもしそんな人に該当してしまうなら、そしてヒップアップ効果を出したいなら絶対に知っておきたいのが、

トレッドミルに傾斜をつけない状態傾斜をつけた状態の違いです。

なぜなら、

傾斜をつけた方が圧倒的にヒップアップ効果に有利だから✨

実は、トレッドミルに傾斜をつけない状態でランニングしているとヒップアップよりも太ももの筋肉の方が優位に発達する可能性があるんです。

運動能力の高い人ならその可能性を回避できるかもしれませんが、トレッドミルでランニングをしていたら脚が太くなったと感じる人やヒップアップ効果を感じられない人は要チェックですね。😉

そして、ヒップアップを優先するなら傾斜と同じくらい重要なポイントがもう一つあります。

それは股関節の動きです。

詳細は次項で

トレッドミルに傾斜をつけるとヒップアップにつながりやすい

トレッドミルの傾斜

トレッドミルに傾斜をつけて利用する方がヒップアップには圧倒的に有利です。

その理由は股関節の伸展という動きを傾斜のない状態よりも使いやすくなるからです。

股関節の伸展をわかりやすく理解するなら、競走馬🐎をイメージしてください。

競走馬は前後の脚を交互に後方に力強く蹴り上げながら颯爽と走りますよね。

この前後の脚を交互に後方に蹴り上げる動作こそ正に股関節の伸展です。

以下にあるランニングの写真を例にすれば右脚が後方に対して伸びきっている状態です。

股関節の伸展

なんとなく先の写真からもわかると思いますが、ランニングで股関節の伸展を十分に使うにはある程度の力強さ、つまり臀部の筋力が必要です。

詳細は後述しますが、トレッドミルでは屋外でのランニングのように股関節の伸展を十分に使うことが難しいといえます。

ですから、トレッドミルに傾斜をつけるのです。

傾斜をつけることで、斜め上に向かって両脚を交互に動かすことになります。

そして、この動作こそが股関節の力強い伸展が要求されます。

つまり、傾斜のない面よりも強制的にそうしなければいけなくなるので、必然的にヒップアップ効果も上がるのです。

同じ傾斜なしの条件でも地面とトレッドミルでは全然違う

トレッドミルに傾斜をつけないでランニングをすると太ももの筋肉の方が発達しやすい。

ただし、例外はあります。

それは屋外と同様に股関節の伸展を十分に使ってランニングできる人です。

ザックリですがもっとわかりやすくいえば、運動能力の高い人です。

では、なぜ一般の人がトレッドミルに傾斜をつけないでランニングすると太ももの筋肉の方が優位に発達するのか?

その理由の一つとして私が考えるのは以下になります。

トレッドミルはベルトが後方に動くことで人が前方に走るから

詳細は以下のイラストの通りです。

トレッドミルの動き

具体例を以下に説明します。

一般的にトレッドミルのベルトが動くスピードが上がれば、股関節を力強く伸展させることになります。

しかし、この行為には脚をとられて転倒する危険性があります。

ですから、股関節を伸展させたら素早く脚を前方に移動させなくてはなりません。

以上を整理すると、

ベルトの動くスピードに合わせて股関節を最大限に伸展させる
股関節を伸展させたら素早く前方に脚を移動させる

この2つの条件をクリアできないと、安全性と効果が低下することになります。

そして、この条件をクリアできる人は運動能力の高い人やランニングのスキルを身につけている人です。

どちらもすでに臀部の筋力が強い人です。

そうでない人がトレッドミルに傾斜をつけずにスピードを上げてランニングすれば素早く脚を前方に移動させることに意識が集中して股関節の伸展が不十分になる可能性が高いと考えられます。

一見すると屋外のランニングと同じに思えますが、トレッドミルでのランニングは地面をランニングするときよりも股関節を力強く使って走ることが難しいのです。

ヒップアップするためのプラスαは股関節以外にも注目

ヒップアップに直接的に関与する関節といえば股関節です。

これは以下のイラストからも明らかです。

股関節

ところが、ランニングは下半身全体を動かして行います。

それはつまり、下半身全体をバランスよく使う必要があるということになります。

下半身で主要な関節は股関節以外では足首です。

つまり、股関節と膝と足首をバランスよく使うことが下半身全体をバランスよく使うことになります。

股関節、膝、足首をバランスよく使う動作を専門的にいうとトリプルエクステンションといいます。

以下の写真はランニング中に起こるトリプルエクステンションを表しています。

トリプルエクステンション

実は!

トリプルエクステンションができるか否かで、ヒップアップ効果は大きく変わります‼️

ですから、これは大きなポイントです。

トリプルエクステンションをできずにランニングしている人の例としては以下のような特徴が見られます。

□上半身を前傾させて走ることができない

□不自然に大きな足音で走っている(トレッドミルの場合)

□足取りが重そうに走っている

□姿勢が悪く、猫背や反り腰で走っている

□腰や膝に痛みが出やすい

□太ももの筋肉は発達して太くなるけど、お尻の筋肉があまり発達しない

上記に該当する項目はありましたか?

そんな人にぜひ取り入れてもらいたいのがトレッドミルに傾斜をつける使い方です。

トレッドミルに傾斜をつけずに利用すると、先述の理由から一般の人はトリプルエクステンションを起こすことが難しくなります。

ですから、傾斜をつけることでそのマイナス面を払拭できるのです。

やってみない手はありません!✌️

ヒップアップにおすすめの傾斜は何度?

結論からいえば10以上です。

少なくとも傾斜10%あれば速度がウォーキングレベルでも十分にヒップアップ効果を感じることはできます。

スポーツジムにある業務用のトレッドミルでは概ね15%くらいまで傾斜をつけることができますが、家庭用マシンでは値段相応です。

家庭用マシンには安価なものから高価なものまで幅広くありますが、傾斜をつけてヒップアップすることを最優先に考えるなら安価なマシンでは十分な傾斜をつけることができません。

その基準は概ね5万円

5万円以下のマシンでも傾斜の機能はありますが多くの場合、せいぜい5度くらいが最高です。

ですから、傾斜をつけることよりもウォーキングやランニングで有酸素運動を行うことがメインなら安価なマシンで十分でしょう。

しかし、傾斜を10%近くつけてヒップアップするなら不十分です。

ヒップアップにおすすめのトレッドミルを紹介

BARWING SRM16 ルームランナー

#ランニングマシーン 【ジョギングマシン!BW-SRM16L 買っちゃいました!】

チャンネル:hiroshi K

ここに注目❗️:11:00〜23:00

最高速度は時速16kmで、電動で傾斜15段階で調節することができます。走行板の下には独自の衝撃吸収装置が設置されているので膝にかかる衝撃を抑えながらランニングできます。耐過重は最大150kg、連続使用は最大100分まで可能です。

Horizon Tempo T82 ルームランナー

ルームランナーTempoT82の速度動画/ジョンソンヘルステック(家庭用HORIZON)

チャンネル:アルゴグローバル株式会社

最高速度は時速15kmで、電動で傾斜20段階で調節することができるので、下半身の強化にピッタリな最大10%の傾斜をつけることができます。衝撃吸収システムにより膝にかかる衝撃を抑えながらランニングできます。耐過重は最大115kgです。その他、BMI計算機能により肥満の度合いを簡単にチェックできるのは見逃せません!

Reebok JET300 トレッドミル

RVJF 10721BK Jet 300 Series Treadmill Video 1

チャンネル:Reebok product channel

最高速度は時速20kmで、最大15%の傾斜をつけることができます。衝撃吸収システムにより膝にかかる衝撃を抑えながらランニングできます。耐過重は最大140kgです。スポーツジムにあるような業務用マシンに近いので使い勝手は抜群です!

まとめ

トレッドミルを使用してヒップアップするなら傾斜をつけることを強くおすすめします。

なぜなら、傾斜をつけずにランニングしているとヒップアップよりも太ももの筋肉が発達しやすいからです。

屋外で地面を走るのとは違って、トレッドミルでは後方に動くベルトに対して両脚を交互に素早く前方に移動させることに意識が集中しやすくなります。

そうなると両脚の股関節を交互に力強く伸展させながら走ることが難しくなります。

股関節を力強く伸展させることができなければヒップアップはできません。

ですから、傾斜をつけて利用する方がヒップアップには効果的なのです。

悪天候などその他の理由で屋外でランニングできないときはトレッドミルを有効に活用しましょう!

吉祥寺のパーソナルトレーニングジム

導[MICHIBIKI]ストレッチ&エクササイズ

アンチエイジングできるパーソナルトレーニングジムなら吉祥寺のMICHIBIKI
パーソナルトレーニングジム。三鷹市井の頭公園駅目の前のMICHIBIKIが運営。器具を使わないトレーニングやストレッチで歩き方、姿勢改善!疲れ知らずの身体へアンチエイジング!吉祥寺からも徒歩15分でアクセス便利。
タイトルとURLをコピーしました