ランニング効果を実感するには蹴り足を意識しよう!

ランニングフォーム ウォーキング、ランニング

ランニング効果を実感できない人は蹴り足を使えてない可能性あり

ランニングの動作で何を意識しているか?

そのように質問されたらどのように答えますか?

腕を振る

脚を引き上げる

背すじを伸ばす

など人によって意識するポイントは違うかもしれませんが、筆者が一般の方にランニング指導をする中で指摘することが最も多いポイントはそこにはありません。

そのポイントとは?

それは地面を蹴る動作、いわゆる蹴り足の使い方です。

ランニングと蹴り足

ランニングフォームを観察していてもそう感じるし、実際に質問してみても蹴り足について意識している人はほとんどいません。

ですが、この蹴り足が使えないことでフォームが崩れてケガにつながることは少なくありません。

特にスポーツクラブのランニングマシンの上を走っている人で足音が大きい人は蹴り足を使えていない可能性が高いのではと感じています。

ランニングで蹴り足を使うタイミング

ランニング動作で足の裏が、

・地面から完全に浮いてる局面

・地面に完全に接地している局面

をそれぞれ考えてみましょう。それぞれの局面は左右で交互に起こり、必ず

〈接地〉〈浮く〉〈接地〉〈浮く〉・・・

といった具合に走っている限り繰り返されていきます。

注目したいのは足の裏が、接地してから浮き始めるまでです。

このときこそが蹴り足を使うべきタイミングになります。

蹴り足が使えないとお尻やふくらはぎの筋肉は引き締まらない

フルマラソンを走った経験のある人や長距離のランニングを行ったことがある人は、最後の方は中々足も前に出ず、ゆっくりしか走れない状態を少なくとも一度は経験していると思いますが、それがまさに蹴り足が使えていない状態になります。

このような状態になるとお尻やふくらはぎの筋肉には力が入りにくくなり、太もも前の大腿四頭筋により一層大きな負荷がかかるようになります。

大腿四頭筋

以上は、疲労困憊で致し方ない状況ですから少しずつ走行距離を伸ばしていくなど工夫の余地がありますが、元々フォームが悪くて最初から蹴り足が使えていなければ問題です。

お尻やふくらはぎの筋肉を十分に使えないので、太もも前にばかり頼った走り方になって、走れば走るほど

太もも前は発達する

お尻やふくらはぎはたるむ

当然、脚が太く見えるようなシルエットになるわけです。

ですから、それが嫌なら蹴り足を意識した走り方でランニングしなければなりません。

蹴り足の使い方

蹴り足の重要性を長々と説いてきたので、難しいことを要求されていると感じていませんか?

実はそんなことはありません。

正確にいうと難しいのではなく辛さが増すといった方が的を得ます。

何が辛いのかといえばふくらはぎにかかる負荷が全然違うからです。

仮に陸上の400㍍トラックを一周するとしましょう。

スピードは問いません。ゆっくりランニングで結構です。

ただし、スタートからフィニッシュまで一度も踵(かかと)を接地しないで走ります。

ランニングフォーム

ランニング経験がある人なら一周したらふくらはぎがパンパンになっていることがイメージできるのではないでしょうか?

しかし、蹴り足を意識した走り方に変えたいなら、まずはここから始めていくことがベースになります。

慣れてきたら、少しずつ距離や速度を調整していきます。

半年間ほどのスパンで考えてください。

半年間で蹴り足を効果的に使える走り方を身に付けることができます。

もちろん、個人差があるのでもっと早くそうなれる人もいるでしょう。

しかし、オーバーワークでケガをしたら本末転倒なので自分のペースで進めていくことが重要です。

最後に

足首を強化するエクササイズを導入するとより効果的です。

カーフレイズというエクササイズになります。

以下の動画でやり方を確認してください。

足首の基礎的なトレーニング

エクササイズの動作自体は単純ですが、外足体重にならないように気をつけます。

また、母趾に力が入りにくい人は同時に強化する必要があります。

その際は、5本の足趾全部を開いた状態でカーフレイズするようにしましょう。

以下を参考にしてください。

足趾を開く

また、カーフレイズ以外にはスクワットが代表的な下半身エクササイズです。

しかし、ランニング動作のような足首の使い方はしないので注意が必要です。

スクワットを取り入れることが悪いわけではありませんが、必ずカーフレイズのように足首の使い方がランニング動作に類似するエクササイズを取り入れるようにしましょう。

最後に、最短距離で蹴り足を意識したランニングフォームをゲットしたい人へ

効率的かつ確実にトレーニングを行い、なおかつ蹴り足を意識したランニングフォームを身に付けたい人にはパーソナルトレーニングがお勧めです。

気になる人は以下から当店のホームページをチェックしてください!

吉祥寺のパーソナルトレーニングジム

導[MICHIBIKI]ストレッチ&エクササイズ

アンチエイジングできるパーソナルトレーニングジムなら吉祥寺のMICHIBIKI
パーソナルトレーニングジム。三鷹市井の頭公園駅目の前のMICHIBIKIが運営。器具を使わないトレーニングやストレッチで歩き方、姿勢改善!疲れ知らずの身体へアンチエイジング!吉祥寺からも徒歩15分でアクセス便利。
タイトルとURLをコピーしました