ストレッチポールは肩甲骨以外の使い方も可能!下半身ダイエットにも役立ちます!

ダイエット

下半身ダイエットにストレッチポールが活かせる理由

下半身ダイエットの筋トレといえばスクワットやランニングなど

下半身ダイエットの筋トレに有効なスクワットやランニングですが、

がんばり過ぎると下半身に疲労が溜まっていきます。

過度な疲労は骨盤を歪ませ、血流やリンパなど身体の循環を停滞させる原因にもなります。

体の循環を悪くするような状態では老廃物が溜まり脚がむくんでパンパンに・・・

つまり、エコノミークラス症候群のような状態になりかねません。

そこで、ストレッチポールを使った骨盤の調整

骨盤の歪みを矯正すれば、骨盤の上下に位置する背骨の形や、股関節が安定しやすくなります。

骨盤・背骨・股関節と姿勢の関係性を以下のような積木をイメージして例えてみます。

※上図は解剖図ではなく、あくまでイメージです。

背骨、骨盤、股関節が安定しないと身体バランスが崩れてしまいます。

そして、血流やリンパなど体の循環を整えるには背骨、骨盤、股関節の安定が欠かせません。

そこで、ストレッチポールを活用して骨盤の調整をしていきましょう。

ですが、いきなりエクササイズを紹介する前にストレッチポールを使うにあたっての注意点を確認したいと思います。

それは、ストレッチポールに寝た際の基本姿勢(下の写真)です。

この基本姿勢は以下で何度も登場します。

ストレッチポールの基本姿勢を軽視すると効果がなくなる!

ストレッチポールの基本姿勢

頭部、肩甲骨、背骨、骨盤、股関節

基本姿勢とは、上記の身体の各パーツそれぞれを適切な位置に置くための姿勢です。

各パーツが所定の位置になければ姿勢が良くなることはありません。

基本姿勢を軽視したストレッチポール使用は絶対にNGです!

基本姿勢がとれたらインナーマッスルを意識する

意識するべきインナーマッスルは横隔膜・腹横筋・多裂筋・骨盤底筋で、これらは総称してインナーユニットと呼ばれます。

インナーユニットの役割は背骨や骨盤を支えることです。

インナーユニットが機能しているイメージを以下で確認しましょう。

※上図は解剖図ではなくイメージです。

より簡潔にイメージすると以下のように四方八方をガッチリ固められたようになります。

また、インナーマッスルは姿勢・呼吸などに関わる重要な筋肉で、骨盤の調整には欠かせません。

インナーユニットに力を入れるコツ

インナーマッスルを意識しながら基本姿勢をとれたらアドバンス編へ

ポイントは、インナーユニットを意識しながら下半身を動かすことです。

以下の動画で基本的な運動を紹介します。

ストレッチポールでトレーニング

いかがでしょう?

上手くできましたか?

いずれににしても、下半身を動かしながら基本姿勢を保つことでインナーマッスルはさらに強化されます。

以上を踏まえて、ストレッチポールを有効に利用してみてください。

まとめ

スクワットやランニングなどのトレーニングはウォーキングなどよりも比較的ハードなので、腰や膝への疲労が溜まりやすいといえます。

腰や膝への負担が増えれば下半身の筋肉が疲労して連鎖的に骨盤が歪んでいきます。

骨盤が歪めば上下に位置する背骨や股関節も安定しません。

そこで、必要なのがインナーマッスルです。

インナーマッスルは姿勢を安定させる役割を担っています。

ストレッチポールを有効活用することでインナーマッスルが強化されて姿勢が安定します。

姿勢が安定すれば、血流やリンパなどの循環も良くなり浮腫みも解消されます。

下半身ダイエットのためにハートなトレーニング種目を行なっている人はこのようなストレッチポールの効果を利用しない手はありません!

タイトルとURLをコピーしました