トレーニング中に膝が内側に入るのは絶対にNGです!骨盤帯を支える力にも影響して姿勢も悪くなります。さらに、お尻や内ももまでたるんで下半身太りの原因にも?!

姿勢改善

なぜ膝が内側に入ると、ダメなの

スポーツクラブやフィットネスクラブでトレーニング経験のある方、ランニングをする方なら一度は聞いたことがあるでしょう。

膝が内側に入るのはダメ

この言葉を。。

わかりやすく言うと、いわゆるX脚のような姿勢でトレーニングしてはダメ!ということですね。

でも、なんでダメなのか考えたことはありますか。

特に、女性は構造的に膝関節の自由度が高くていわゆる女の子座りが簡単にできてしまう人が多いですよね。男性は女性よりも膝関節の自由度が低いので違和感を覚えてしまうことが多いのですが女性は逆に楽な姿勢だから癖になってしまうのです。まずは、女の子座りを止めることからことから取り組んでみてはどうでしょうか?

筋肉だけではなく靭帯や軟骨等にも負担がかかる?!

スクワット動作が全ての基本になります。

膝が内側に入ってしまうことで、膝周囲の筋肉や腱だけではなく靭帯や軟骨などの組織にもストレスがかかることがあります。

ウエイトトレーニングでのスクワット

エアロビクスやランニング等の有酸素運動

ホップ・ステップ・ジャンプを伴うスタジオレッスン

スポーツクラブで一般に行われるような上記の運動様式では、通常の立位姿勢よりも膝への荷重が増大します。つまり、運動の強度が上がれば上がるほど、膝への負担も増大していくのです。

スクワットのフォームに問題のある方

スクワットの適切なフォームがわからない

自己流ではなく、専門家の指導を受けることをお勧めします。

知っていましたか?

スクワットで膝を内側に入れないようにするためには膝以外の筋トレも必要になることを

お尻の筋肉が弱いと膝の負担が増える!!

膝が内側に入る

その予防策としては、お尻の筋肉(主に大殿筋や中殿筋)を最優先に強化することをお勧めします。

膝なんだから太ももの筋肉が重要なんじゃないの?そんなふうに考えている方へ一言

確かにレッグエクステンションやレッグカールというトレーニングマシンを使えば、大腿四頭筋やハムストリングスという膝関節の安定に直接関与する筋肉をトレーニングすることが可能です。

なぁあんだ。だったらいいじゃん。

なんて言うのはちょっと待ちましょう。

先の大腿四頭筋やハムストリングスはお尻の筋肉と密接に関係しているのです。大腿四頭筋もハムストリングスもその一部が骨盤に付着しています。そして、お尻の筋肉も骨盤にしっかりと付着しています。つまり、それらは相互に影響し合う関係にあるのです。だから、大腿四頭筋やハムストリングスだけをトレーニングしても運動中の膝の不安定性はなかなか改善されません。

では、お尻の筋肉はどのようなトレーニングで最も効果的に強化できるのでしょうか?

トレーニングマシンならレッグプレスが大殿筋を強化する代表格になります。でも、筆者のお勧めは、

スクワットです。

なぜかといえば、レッグプレスは座った状態でトレーニングする一方で、スクワットは足首・膝・股関節という下半身の主要な関節に荷重を分散させる必要があるからです。つまり、レッグプレスには荷重による関節へのストレスがないのです。ストレスへの耐性を養うという点でスクワットは最適です。

お尻の筋肉強化には体幹と骨盤のインナーマッスルも忘れないように

骨盤の歪みを放置するとお尻の筋肉は弱いままに!!

骨盤の歪みや極端な反り腰、猫背を放置したままではお尻の筋肉は発達しにくいのです。

ということで、ここでは骨盤の歪み改善に必要なインナーマッスルに注目です。

骨盤底筋って聞いたことはありますか??

骨盤の最下部を支える役割を担っています。猫背や反り腰の人は骨盤底筋が弱くなっている可能性大ですよ。

そして、骨盤の歪み矯正には体幹のインナーマッスルも欠かせません。

腹横筋や多裂筋って知っていますか??

腰椎や仙骨を支えている筋肉です。ここが弱いと、やはり猫背や反り腰がひどくなります。

そして、腹横筋・多裂筋・骨盤底筋に横隔膜を加えてインナーユニットと呼びます。つまり、それぞれが単独はなくユニットとして協調して作用することで姿勢を矯正する役割が果たせるのです。

ということで、お尻の筋肉を強化するならインナーマッスルは欠かせません。

骨盤の歪みをインナーマッスルの機能で矯正する!!

やはり、体幹の筋力強化が前提です。

腹筋運動はインナーマッスルを意識しながら

  

スクワットを有効活用する

 

まとめ:膝が内側に入ったままトレーニングしていてもウエストの引き締めや下半身ダイエットの効果は現れてこない

それは美容にも大敵です

膝に痛みが出ていなくても、骨盤が歪んだ状態では、いくらボディメイクに時間をかけてもお尻や内ももの筋肉は発達しにくいのです。

それどころか、太もも前や外側の筋肉ばかりが発達してしまうかもしれません。

もしくは、お尻の筋肉が弱くて下半身太りになることも

ウエストの引き締めや下半身ダイエットを実現させたい女性の皆様

ぜひとも、予防・改善に努めましょう

丁寧な指導でサポートいたします。

まずは、体験コースから

店長より

タイトルとURLをコピーしました