ダイエットは食事制限なしでやる方がリバウンドしない!筋トレの効果は絶大!

食事 ダイエット

「ダイエット=食事制限」はリバウンドする確率が高い

食事制限だけに依存してダイエットすることは良くない、そう理解している人は多いはずなのに食事面で調整しようと考える人は少なくありません。

明らかに過食状態な人が摂取量を調整することは効果的だと考えられますが、女性が美容目的でダイエットを始める場合まで食事制限に依存してはいけません。

過度な制限は筋肉が落ちて逆に体脂肪率を増やします。

そして、その傾向は短期間で痩せようとする人に多くみられます。

食べずに体重を減らすと体脂肪率が増える

体重と体脂肪率

この2つは別々に考えなくてはいけません。

食べずにいれば必ず体重は減ります。

しかし、体脂肪が落ちて体重が減っているわけではありません。

筋肉が落ちて体重が減っているのです。

このとき体脂肪の割合は逆に増えています。

体脂肪が増えるということはダイエットとは反対の状態が起こっていることになります。

体重が減っているとダイエットに成功しているような感覚になりやすいのですが実は失敗なのです。

食べないと体が省エネモードになる

食べなければ体内のエネルギー源が枯渇していきます。

ですから、体内に残された残り少ないエネルギー源を大事に使わなくてはなりません。

これが省エネモードです。

例えば、疲労困憊な状態では喋ることも嫌になりますが、これは喋ることに残り少ないエネルギーを奪われてしまうからです。

だから、できるだけ動かず喋らずでエネルギー源を節約するのです。

省エネモードになると体脂肪率が増える

さて、食事によってエネルギー源を摂取しなければ体が省エネモードになることは先述の通りですが、さらに悪いことには体脂肪率まで増えてしまいます。

エネルギー源とは本来、糖質と脂質ですが、これらが枯渇していけば体内にある他の何かをエネルギー源に変えるようになります。

それが筋肉です。

筋肉を分解してエネルギー源の不足を賄ってしまいます。

ですから、食事制限だけで体重を減らすと筋肉が落ちてしまうのです。

最も重要視すべきは、消費カロリー>摂取カロリーを守ること

ダイエットでは食事制限だけでなく運動もやらなくてはならない。

その理由は消費カロリーを増やすためです。

食事制限だけで摂取カロリーをコントロールしても体が脂肪を燃焼しやすい状態にしておかなければ肝心の摂取カロリーを消費する力は低いままです。

消費する力を上げるには筋肉量を増やしていく必要があります。

筋肉量を増やすなら適切な方法で運動しなければなりません。

運動は有酸素運動だけにこだわらない

運動習慣のない人にアドバイスする場合に有酸素運動が勧められることは珍しくありません。

ウォーキング

特にウォーキングなどは高齢者でも手軽に始められます。

しかし、40代前後の女性が有酸素運動しかしないと筋肉量が増えていきません。

有酸素運動には新陳代謝を高める効果はあっても基礎代謝を上げる効果は期待できないからです。

基礎代謝を上げるには筋トレで筋肉量を増やしていく必要があります。

以下に簡単にできる筋トレの例を紹介します。

スクワット

バックスクワット

10回×3セット行います。

腹筋運動

ストレートレッグ・シットアップ

10回×3セット行います。

プッシュアップ

フルレンジ・プッシュアップ

10回×3セット行います。

最後に

食事制限だけに依存するダイエットとは、一定期間だけ体を飢餓状態にしていることに他なりません。

その飢餓状態をやめて食生活が元に戻れば体重も元に戻るのは当然です。

もっと悪いことは、飢餓状態にあった期間中にフラストレーションがたまってしまいドカ食いしてリバウンドしてしまうことです。

ダイエットで最も重要視するべきことは、

消費カロリー>摂取カロリー

この状態を保つことです。

食事制限だけでは摂取カロリーのコントロールだけです。

消費カロリーをコントロールするためにも必ず運動習慣をつけていきましょう。

運動は有酸素運動だけではなく筋トレも取り入れて基礎代謝を上げるようにしてください。

運動が苦手な人は、自己流で完結させようとせずにパーソナルトレーニングを利用してみましょう。

その方が、効率的かつ効果的です。

吉祥寺のパーソナルトレーニングジム

導[MICHIBIKI]ストレッチ&エクササイズ

アンチエイジングできるパーソナルトレーニングジムなら吉祥寺のMICHIBIKI
パーソナルトレーニングジム。三鷹市井の頭公園駅目の前のMICHIBIKIが運営。器具を使わないトレーニングやストレッチで歩き方、姿勢改善!疲れ知らずの身体へアンチエイジング!吉祥寺からも徒歩15分でアクセス便利。
タイトルとURLをコピーしました