ゴルフスイングの軌道は縦回転だがボディターンは横回転。使い分けるポイントを紹介!

ゴルフスイングと回転 ゴルフ

ゴルフスイングの軌道とボディターンの回転の違い

ゴルフスイングにおけるクラブヘッドの軌道が縦回転であることは一目瞭然で疑う余地はありません。

ゴルフ縦回転

一方、ゴルファーの身体中心はスイング中、縦回転ではなく横回転しています。

スイング横回転

以上を整理すると、

ゴルフクラブ → 縦回転

人の身体中心 → 横回転

ということになり、それぞれに違いがあるのがわかります。

回転

ところがスイングする際に、柔軟性や筋力が原因でゴルフクラブに十分な縦回転を起こせていないアマチュアゴルファーは少なくありません。

そして厄介なことに、縦回転のスイングをするのに邪魔になるのが身体中心の横回転でもあるのです。

最も多いと思われるのはテークバックからトップに入る過程で、ここで身体中心が横回転してしまうと、トップからインパクトでのスイングがハンマー投げのようになってしまいます。

 

縦回転できないゴルフスイング

なぜ、縦回転のスイングは難しいのか。それは、

ゴルファーの身体中心が縦回転するわけではないから

筆者はそう考えています。

ごくごく単純に考えても人が自分の体全体を車のタイヤが回るように縦回転させられるはずありません。

つまり、

身体中心は横回転しかしないが、ゴルフクラブの縦回転を妨げてはいけない。

その上で、クラブヘッドがインパクトで最大加速するような縦回転のスイングをすることになります。

ゴルフクラブを縦回転でスイングするための最重要ポイント

ゴルフクラブを縦回転でスイングするポイントが何かと問われれば、最も重要なのは体幹骨盤

筆者はそう考えています。

ところが、ゴルフクラブの縦回転を直接的に作り出すのは両腕の動きで、特に左腕の使い方が影響します。

トップ → インパクト → フォロー

というプロセスの中での左腕の動きに注目すれば一目瞭然です。

ゴルフスイングと左腕

縦回転を作り出すために、左腕の形をキープしながらスイングしているのがわかるはずです。

であれば、腕の動きに影響する肩甲骨の方が注目されるかもしれません。

では、なぜ身体中心である体幹骨盤が重要なのか。

それは、体幹と骨盤周りの筋力によって身体の軸を保つ必要があるからです。

軸がなければ回転運動はできません。

体幹と骨盤周りの筋力で身体の軸をキープしているからこそ、縦回転のスイング軌道を作り出すことができます。

ゴルフスイングと縦回転

体幹と骨盤周りの筋肉は内腹斜筋と外腹斜筋に注目

腹筋群

縦回転のスイング軌道に大きく影響する筋肉

真っ先に強化したいのが内腹斜筋外腹斜筋という腹筋で、どちらも柔軟性と筋力が必要です。

柔軟性と筋力を十分に発揮するには一般的なストレッチや腹筋運動をやればいいというわけではありません。

そこで、内腹斜筋と外腹斜筋を意識しやすい腹筋運動を紹介します。

内腹斜筋と外腹斜筋を強化する腹筋運動の例

トランクローテーション

30回×3セット

 

しかし、腹筋運動で内腹斜筋と外腹斜筋を強化したからといってすぐに実際のゴルフスイングにフィードバックできるとは限りません。

そこで、先の内腹斜筋と外腹斜筋のエクササイズのアドバンス編も以下に紹介します。

身体中心の適切な横回転を作り出すエクササイズ

サイド・ボディターン

10回×3セット

ゴルフクラブの縦回転を作り出すエクササイズ

バーティカル・ボディターン

10回×3セット

 

アドバンス編はどちらも両膝の位置を動かさないようにします。

両膝の位置をキープすることで内腹斜筋外腹斜筋が刺激されます。

そして、もう一つ重要なことは骨盤の傾きです。

骨盤は前傾させたまま行います。

骨盤を前傾させるには以下のように背すじを伸ばして胸を張った姿勢が必要です。

アドバンス編のエクササイズでは骨盤が前傾していたことがわかるはずです。

骨盤の前傾

内腹斜筋と外腹斜筋を効果的に使うには股関節がポイント

ゴルフスイングのボディターンでは、

・骨盤の前傾

・両膝のポジショニング

の2点がポイントになることは先述の通りです。

そして、この2点をキープするのに必要なのが股関節の筋力です。

先に紹介したエクササイズを行うことで股関節の必要な筋力は自然に強化されます。

エクササイズで

内腹斜筋、外腹斜筋、股関節の筋力

を意識できるようになったら実際のゴルフスイングでも意識しましょう。

スイングの動画を撮って縦回転と横回転をチェックしよう

ゴルフスイング連続写真

まとめ

ゴルフスイングにおいては、

クラブヘッドの縦回転

身体中心の横回転

という2種類の回転が起こります。

一般的にいわれるボディターンとは身体中心の横回転のことをいいます。

ゴルフスイングの難しいポイントは身体中心を横回転させながらクラブヘッドは縦回転させなければならないことにあります。

この両者をいかに両立させるかがゴルフスイングのポイントです。

ストレッチやエクササイズで改善するにしても骨盤の傾きや膝のポジショニングを考慮していなければクラブヘッドの縦回転にはフィードバックされません。

自己流でスイングの反復練習をすることに限界を感じているならゴルフ向けのパーソナルトレーニングを試してみましょう!

吉祥寺のパーソナルトレーニングジム

導[MICHIBIKI]ストレッチ&エクササイズ

アンチエイジングできるパーソナルトレーニングジムなら吉祥寺のMICHIBIKI
パーソナルトレーニングジム。三鷹市井の頭公園駅目の前のMICHIBIKIが運営。器具を使わないトレーニングやストレッチで歩き方、姿勢改善!疲れ知らずの身体へアンチエイジング!吉祥寺からも徒歩15分でアクセス便利。
タイトルとURLをコピーしました