ゴルフスイングの基本は下半身。使い方を理解してスウェーを防ごう!

ゴルフスイングと力強い下半身 ゴルフ

“下半身が力強いスイング”という表現に注意

プロゴルファーのスイングは下半身の動きが力強く見えます。

ですが、この力強さは

スクワットなど一般的な下半身のトレーニング

ランニング

ダッシュ

上記のようなトレーニングで発揮される力強さとは違います。

にもかかわらず、下半身の筋力トレーニングに盲目的に勤しんでも力強いスイングに必要な下半身の使い方が身につくはずがありません。

少しでもプロゴルファーの下半身の動きに近づきたい、参考にしたいと思うならゴルフスイングのメカニズムをまずは理解しましょう。

ゴルフスイングのメカニズム

ゴルフスイングのメカニズムをできるだけ簡単に理解するコツはスイング動作全体を分割することです。

まず以下のように大まかに3分割します。

⑴アドレスからバックスイング

⑵トップからインパクト

⑶インパクトからフォロー

アドレスからバックスイング

トップからインパクト

インパクトからフォロー

さらに、⑴〜⑶それぞれの動作には体重移動回転という2つの運動要素が含まれます。

力強いスイングにはこの2つの運動要素がバランスよく反映されています。

そして、プロゴルファーのスイングの多くは体重移動と回転がバランスよく反映されています。

ゴルフスイングのメカニズム上、最低限やるべき2つの運動要素を理解する教材として非常に優れています。

何もスイング全体を全て真似しろというわけではありません。

重要な2つの運動要素を参考にしたいのです。

なぜなら、アマチュアゴルファーの多くが苦労している部分だからです。

※著作権の関係上、プロゴルファーの写真が使えないので、恐縮ですが筆者の写真を使わせていただきました。

トレーニングで身につけやすいのは体重移動

冒頭にスクワットなど一般的な下半身のトレーニングやランニング、ダッシュのようなトレーニングで発揮される力強さについて触れましたが、実は体重移動で大きな力を発揮するには最適なトレーニングです。

だったらこれで体重移動の力強さを強化すればいい。

賢明なゴルファーの方ならそんな考えが短絡的なことはよくわかっていることでしょう。

そうなんです。

スクワットなど一般的な下半身のトレーニングやランニング、ダッシュで下半身を強化することは体重移動の力だけが大きくなってしまう可能性があるのです。

ゴルフスイングのメカニズムには体重移動以外にも回転がありました。

つまり、回転とのバランスが崩れていくことになります。

体重移動の大きいスイングは回転よりもスウェーが起こりやすい

ゴルフのレッスンを受けたり、情報誌のスイング解説を読んでいるとスウェーに関する言及を聞いたり目にしたりすることがあると思います。

スウェーが起こることで身体の軸まで動いてしまう。

ゴルフスイングのスウェー

だから、回転が起こりにくくなるというわけです。

スウェーが起こっているか否かを客観的に見極める手段の一つとして左足に注目しましょう。

上の写真ではインパクト後に左足の内側がめくれるように動いていますが、これはスウェーが起こる一つの例です。

スウェーが望ましくないことは周知の通りです。

だからこそスウェーを起こさないためにも体重移動と回転のバランスがとれたスイングが理想的だとなります。

そこで、筆者はスウェーを起こさないための工夫として以下の写真にあるような左足の使い方をしています。

左足の内側がめくれそうな瞬間に、踵(かかと)中心に左足を約4分の1回転させているのがわかると思います。

筆者にとってはこの方がスウェーを起こさず、かつフォローで腰や膝を過剰に捻ることなく回転中心のスイングを行えます。

ゴルフスイングと回転

このような対処は股関節が硬い人には一つの解決策になると筆者は考えています。

あぐらをかいて座ったときに両膝が床から10㌢以上離れてしまう人は参考にしていいと思います。

従来のゴルフレッスンではこの左足の動きはタブー視されているようですが、スイングは十人十色で万人に共通の正解はありません。

筆者は個々の身体的特徴に合わせた指導をするべきだと考えています。

プロゴルファーの中でも顕著に左足を回転させている選手に韓国人ゴルファー崔虎星 (チェホソン)プロがいます。

おそらく彼も股関節の可動域に制限があることから、あのような型破りなスイング(フィッシャーマン・スイング)を身に付けたのではないかと思います。

まとめ

スウェーを起こさないためには体重移動と回転のバランスが重要。

一般的な下半身の筋力トレーニングやランニング、ダッシュで強化できるのは体重移動の力強さです。

肝心の回転はどのように身につければいいのでしょうか。

回転力の強化法については次回のブログで提案いたします。※下記のリンクから閲覧可能です。

ゴルフスイングの基本は下半身。スウェーを防ぐ回転力の強化法!

吉祥寺のパーソナルトレーニングジム

導[MICHIBIKI]ストレッチ&エクササイズ

アンチエイジングできるパーソナルトレーニングジムなら吉祥寺のMICHIBIKI
パーソナルトレーニングジム。三鷹市井の頭公園駅目の前のMICHIBIKIが運営。器具を使わないトレーニングやストレッチで歩き方、姿勢改善!疲れ知らずの身体へアンチエイジング!吉祥寺からも徒歩15分でアクセス便利。

コメント

  1. […] ゴルフスイングの基本は下半身。使い方を理解してスウェーを防ごう! […]

タイトルとURLをコピーしました