ゴルフスイングにおけるプロとアマの違いはバックスイング→トップに注目!

バックスイングからトップ ゴルフ

プロとアマの違いは、バックスイングで決まる

プロゴルファーの連続写真や動画を見ると自分のスイングとの違いがよくわかります。

しかし、スイング全体を見比べればすぐに違いを実感できますが、その違いがどの局面から始まるのかについて注目したことはありますか?

ズバリその局面で注目していただきたいのは、バックスイングからトップです。

バックスイングからトップ

※著作権の関係上、筆者の写真を使用しております。以下同様。

例えば、松山プロのように身体を力強く回転させるスイングを理想とする人はバックスイングからトップに入る過程で腰がターンし過ぎないようにする必要があります。

バックスイングからトップに入る過程で腰がターンし過ぎると、その後に続く

トップ→インパクト

インパクト→フォロー

にかけてスウェーが起こりやすくなるからです。

プロゴルファーのスイングでスウェーが生じることはほぼありませんが、アマチュアゴルファーの方は必ずしもそうではありません。

ですから、松山プロのような回転を重視したスイングを理想とする人は、バックスイングからトップに入る過程で腰がターンし過ぎないように注意する必要があります。

バックスイングで腰のターンを制御できれば力強い回転動作を起こしやすい

バックスイングで腰のターンを制御できている状態では骨盤のポジションもキープされています。

以下の写真で確認してみましょう。

バックスイングでは腰をターンさせない

骨盤のポジションとは、右打ちゴルファーの場合なら

骨盤の右方向への回転をできる限り抑えた状態を指します。※詳細は上の写真にて確認できます。

骨盤のポジションがキープされた状態でトップに入ることができれば、身体中心にある体幹の筋肉を十分に使える準備が完了します。

ここで体幹の筋肉について整理しておきましょう。

ゴルフスイングに必要性の高い体幹の筋肉は腹筋群に注目します。

腹筋群

トップに入ったときに骨盤のポジションがキープできていれば骨盤の左側から右の肩甲骨にかけて以下のように腹筋群が引っ張られます。

ゴルフスイングのトップ

それは例えると弓の弦やバネを最大限に引っ張った状態に似ています。

この状態から身体中心をターン(左回転)させることで、スウェーを抑えながらスイングすることができ、なおかつインパクトで最大加速させることができます。

バックスイングで左肘を伸ばすことにこだわり過ぎない方がいい理由

腰のターンが生じたり、バックスイングの可動域が狭くなる

プロゴルファーのスイングではトップに入ったときに左肘が真っ直ぐに伸びていることがほとんどです。

しかし、アマチュアの人はここが要注意です。

なぜなら、バックスイングで左肘を真っ直ぐ伸ばすことにこだわり過ぎると、

・腰がターンする

・バックスイングの可動域が狭くなる

などの弊害が生まれやすくなります。

バックスイングと左肘

ですから、バックスイングで大きく可動域を取るなら、左肘を真っ直ぐ伸ばすことにこだわり過ぎない方がいいといえます。

トップからインパクトでハンマー投げのようなスイングになる

バックスイングで左肘を真っ直ぐ伸ばすことにこだわり過ぎると腰がターンしやすくなり、なおかつスウェーが起こりやすくなります。

この状態でトップからスイングを始動すると両肩を結ぶ線を縦ではなく横に回転させやすくなってしまい、連鎖的に身体中心も横に回転することになります。

ゴルフスイングと両肩を結ぶ線

 

両肩を結ぶ線を横に回転させているとは以下のような状態です。

 

両肩を結ぶ線が横に回転したゴルフスイング

 

そして、連鎖的に身体中心も横に回転することになりトップからインパクトにかけてハンマー投げのようなスイングになってしまいます。

 

バックスイングで腰をターンさせたスイング

体重移動が大きいスイングはスウェーも起こりやすい

バックスイングで腰のターンを抑える必要性は前述の通りです。

腰のターンを抑える理由は、スウェーせずに身体を回転させるためでした。

しかし、人によっては体重移動を十分に利用したスイングをしたいと考えるかもしれません。

ですが、体重移動スウェーは別物です。

ここでゴルフスイングと体重移動の関係をまとめておきましょう。

体重移動は以下のように起こります。

・バックスイング左脚から右脚

・トップからインパクト右脚から左脚

ですが、上記2点のみです。

この2点以外で起こるのは体重移動ではなくスウェーになります。

一般的に非力な人は、体重移動を必要とする傾向が強くなります。

ですが、その分だけスウェーも起こりやすいので回転の軸が不安定になりスムーズなスイングができなくなってしまいます。

ゴルフスイングとスウェー

まとめ

プロとアマの違いはまずバックスイングに現れます。

トップで左肘を真っ直ぐに伸ばすことにこだわり過ぎるとバックスイングからトップに入る過程でスウェーが起こりやすくなることも見逃せません。

次に、注目したいのが回転です。

トップからインパクトの過程でスムーズに体重移動と回転を起こすには、スウェーを起こさずにトップに入る必要があります。

最後になりましたが、両肩を結ぶ線にも注目しましょう。

この線が縦に回転しなければハンマー投げのようなスイングになってしまいます。

ゴルフスイングと両肩

次回はこの両肩を結ぶ線に注目しながらプロとアマの回転の違いについて紹介していきます。

吉祥寺のパーソナルトレーニングジム

導[MICHIBIKI]ストレッチ&エクササイズ

アンチエイジングできるパーソナルトレーニングジムなら吉祥寺のMICHIBIKI
パーソナルトレーニングジム。三鷹市井の頭公園駅目の前のMICHIBIKIが運営。器具を使わないトレーニングやストレッチで歩き方、姿勢改善!疲れ知らずの身体へアンチエイジング!吉祥寺からも徒歩15分でアクセス便利。
タイトルとURLをコピーしました