アンチエイジング効果を狙う運動で激しい負荷がNGな理由を解説!

プッシュアップ アンチエイジング

アンチエイジング効果を狙う運動であまり激しい負荷はNG

アンチエイジング目的でも運動が激しいと体内の活性酸素が増える

アンチエイジング効果のある運動として一般的な運動は有酸素運動です。

有酸素運動が推奨される理由は運動負荷の低さにあります。

運動負荷が低いと活性酸素の過剰な発生を抑えられるからです。

活性酸素とは何か?

アンチエイジングを目的に運動するなら活性酸素の存在を無視することはできません。

以下では、活性酸素の役割やメリット・デメリットを整理していきます。

アンチエイジング目的の運動だからこそ活性酸素について知ろう

活性酸素は呼吸で酸素を体内に取り込む度に生成されています。

活性酸素自体は運動していないときでも呼吸をしている限り必ず発生します。

活性酸素が多量に発生するのは運動が激しいときでした。

ちょうど以下のイラストのようなイメージです。

 

体内の活性酸素

なぜ、活性酸素の増え過ぎが身体に好ましくないのか。

それは、必要以上に増えた活性酸素は体内の健全な細胞を攻撃するからです。

活性酸素に攻撃された健全な細胞は劣化していきます。

ちょうど以下のイラストのようなイメージです。

活性酸素と細胞活性酸素に攻撃された細胞

健全な細胞が劣化すると老化が進行します。

細胞の劣化が起こるとどのような不都合が生じるのでしょうか。

仮に、劣化した細胞に肌や髪の毛の艶をキレイに保つための情報が含まれていたとします。

当然ですが、肌や髪の毛の艶をキレイに保つことができなくなります。

これは老化の進行につながります。

ですから、アンチエイジングが目的の場合、健全な細胞を攻撃してしまうくらい多量に活性酸素が発生するような激しい運動はNGとなるわけです。



アンチエイジング目的だからこそ知っておきたい活性酸素

運動が激しいと体内で起こる化学反応

活性酸素を理解するには、まずは酸素分子(O2)の特徴を理解することが重要です。

そこで、中学校の理科の授業で習った以下の化学式を思い出してください。

H2O2H2O

上記は水素分子(H2)と酸素分子(O2)がくっついて水(H2O)になるという化学式です。

他にも、酸素と炭素がくっつくと以下のように二酸化炭素(CO2)になります。

CO2→CO2

このように、酸素分子は不安定な状態であるため他の分子にくっついて安定した状態になろうとします。

人間が呼吸をして体内に酸素を取り込む度に上記のような化学反応が起こっています。

ところが、取り込んだ酸素が水(H2O)に変わらないことがあります。

そのような酸素分子も不安定な状態から安定した状態になりたいので、他のものに結合して安定しようとします。

結合して水以外になったものの内、

スーパーオキシド、過酸化水素、ヒドロオキシラジカル、一重項酸素の4つを活性酸素と呼びます。

活性酸素の生成

アンチエイジング目的なのに活性酸素が増えると起こる変化

ここまで活性酸素が増え過ぎることでの身体へのデメリットを説明してきましたが、実は活性酸素自体が悪いわけではありません。

それどころか適量である限り、人体に有害な物質を撃退する役割を果たします。

適量なら老化の進行にはつながりません。

適量に保たれている限り、癌細胞への攻撃にも貢献してくれます。

ですから、体内の活性酸素が適量であることが重要です。

激しい運動や辛すぎる運動がアンチエイジングに不適な理由は、そのような状態では体内の活性酸素の量が増えるからです。

活性酸素が増えると、酸化※という現象が起こります。酸化自体は活性酸素ではない状態でも起こります。

では、酸化とは何か。

果物や野菜を食べずに放置していると、変色して腐っていきます。

これが酸化の例です。

活性酸素は適量である限り免疫機能があり、癌細胞のように有害な物質を酸化して撃退します。

ところが、過多になった活性酸素には、本来の役割が回ってこないので代わりに健全な細胞を酸化してしまいます。

これが活性酸素の過多により起こる「悪い酸化」です。

これは何を意味するのか?

老化の促進
健全な細胞の癌細胞への変性

といったことにつながる可能性が高くなるのです。

また、癌のような重篤な症状には至らないまでも、老化を促進させるような作用はアンチエイジングに逆光します。

ここまでの要点を整理すると、

その人にとっての運動の辛さが度を越して増すと、体内の活性酸素の量は多くなります。

活性酸素の過多は老化などアンチエイジングの逆行に直接的な影響を与えるとされています。

しかし、活性酸素自体が悪いわけではありません。

活性酸素にも役割があります。

活性酸素が適量であれば、免疫機能を果たしてくれます。

つまり、活性酸素の発生を適度な範囲内に抑えられるか否かがアンチエイジング目的の運動には重要です。



アンチエイジング目的の運動は激しい負荷を避けて活性酸素過多にならないように

アンチエイジングに最適な運動は有酸素運動以外にも

有酸素運動がアンチエイジングにとって最も推奨される理由は、運動中に体内で発生する活性酸素の量が増えすぎないからです。

しかし、活性酸素が増え過ぎないなら有酸素運動以外でもかまいません。

ウエイトトレーニングや筋トレと聞くと、一見辛い運動のように思われるかもしれませんが負荷を調節すれば誰でも適度な運動にして行うことができます。

そして、有酸素運動になくてウエイトトレーニングや筋トレにあるものを知っていますか?

実は有酸素運動では筋肉量アップはあまり期待できません。

筋肉量アップというと、「別にムキムキにならなくてもいい」という声が聞こえてきそうですね。

でも、ムキムキになるような筋肉量アップというのは筋肉に大きな負荷をかけて筋肉の線維を太くするようなトレーニングです。

女性が引き締め目的で行う場合であっても筋肉量をアップさせないと基礎代謝が上がらないので体脂肪率を減らすことが難しくなります。

そこで、ウエイトトレーニングや筋トレを有効活用しようというわけです。

二の腕筋トレ

アンチエイジング目的にパーソナルトレーニングを有効活用しましょう

トレーニング内容にこだわるなら、パーソナルトレーニングを検討してみてはいかがでしょうか?

適度な負荷で行うウエイトトレーニングや筋トレがアンチエイジングに効果的なことは前述の通りです。

自己流で始めることもできますが、

どの部位を優先的に筋力アップさせればよいか
姿勢矯正の効果も併せて出すにはどのような種目がよいか
基礎代謝が上がるような負荷の調節はどうすればよいか

などこだわりを持つほど専門性も高くなっていきます。

これらの疑問に適確に応えて提案できるのがパーソナルトレーナーです。

クランチ

【森下薬農園の鳥取はとむぎ茶】

吉祥寺のパーソナルトレーニングジム

導[MICHIBIKI]ストレッチ&エクササイズ

アンチエイジングできるパーソナルトレーニングジムなら吉祥寺のMICHIBIKI
パーソナルトレーニングジム。三鷹市井の頭公園駅目の前のMICHIBIKIが運営。器具を使わないトレーニングやストレッチで歩き方、姿勢改善!疲れ知らずの身体へアンチエイジング!吉祥寺からも徒歩15分でアクセス便利。

コメント

  1. […] 活性酸素の量を減らせば老化も進行しにくい!運動習慣にも関係が?! […]

タイトルとURLをコピーしました